部下や子供に『やる気』を出させるには成功率50%の課題

スポンサーリンク

部下やもしくは自分の子供になんらかの課題を与えた時にモチベーションが低く『やる気』が見られない時がありませんか?

そのような時は、その課題が100%簡単に達成出来るものや、とても達成出来そうにない難しい課題のどちらかです。

 

 

達成出来る、出来ないは課題のレベルによる

af54186527642342b20d53f3db327019_s

 

まず、結論から言いますと人は、必ず成功する課題や確実に失敗するであろう課題よりも50%の確率で成功するであろうの課題がもっとも成功率が高いのはご存知でしょうか?

この手が届きそうで届かないぐらいの方が人間、いや部下や子供に何かを達成させる為に必要なことを解説していきます。

 

 

課題を達成させる為に1番必要な『やる気』の維持

884bc81053cee18426c947ada0482f85_s

 

人間は社会人であろうと子供であろうと様々は場面にて大なり小なりの目標というモノを持っています。

そして、その目標こそがモチベーション=『やる気』となる訳ですが、

仮に目標や夢があったとしても、気分によっては半分もやる気が出ないことも多々あります。

とくにこの目標が自分の好きなことや趣味なら問題ないのですが、仕事や勉強になると尚更です。

しかし、人間生きていく上では興味のないことでも成果を上げることを目標に取り組まなければならないこともあります。

 

 

やる気を高めるには、どの様な目標設定が必要か?

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s

 

知覚や記憶の数学的モデルの研究を行うアトキンソンの理論によるとやる気の動機づけの強さとは、

本人の達成動機の強さ×成功の主観的確率の高さにさらに成功報酬の高さをかけ合せたことだと言います。

少し、難しい数式ですね。

これを小学生を対象に行われた輪投げの実験で解説します。

 

 

子供の輪投げによる実験で立証

1a1be99e38a7e270ac6962478ce6b2cf_s

 

この実験で参加した小学生の子供たちには、様々な距離から自由に輪投げをやってもらい、それぞれの距離での投げた回数を検証してみました。

その結果、1番距離が長くもっとも難しいところは、投げる子も少なく回数は少なく当たり前の結果だったが、

1番簡単な距離も意外と少なかったのです。

そして、その中でもっとも多く投げられたのは、輪投げ成功率50%の距離からが1番投げる回数が多かったのがわかったのです。

また、グループ分けにて競争させても1番団結力が高まったのがこの距離でもあります。

 

 

人は50%の成功率が1番実力を発揮する

percent-1176978_640

 

小学生の輪投げの実験でもわかったように人は確実に成功する場合や間違いなく失敗するであろうとの場合よりも割合的に50%ほどの確率で成功する時の方がもっとも『やる気』を発揮し、尚かつ団体や集団、グループとなると団結力が高まる傾向にあります。

 

 

やる気を起こさせるには、目標設定が重要

e2987730cc56ff251039925f792f7016_s

 

このように人間とは、何かに取り組む際は漠然とした高い目標や簡単にこなせてしまう程度の目標よりも、適度な難しさを感じる程度の目標設定がモチベーション=『やる気』が出ることを頭に入れておきましょう。

 

 

一言アドバイス:

部下や子供の課題は、出来そうで出来ないぐらいの課題がベスト

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る