怒り狂って怒っている相手には鏡を見せるのが効果的

スポンサーリンク

人間は何かの拍子で1度怒り出すと興奮してしまい、どんなに謝罪しても聞く耳もたず上に見境なく、ブチギレる傾向にあります。

では、そんな暴走機関車のような相手を止める方法はあるのか?

 

 

ブチギレている相手には鏡を見せる

8192b0b15af2852bc1d7a1e4a4f39f68_s

 

暴走機関車のような怒り狂った相手をなだめ、止めるのは容易なことではなりません。

一番は、とにかく鎮まるまで放っておくのがいいのですが、実はもっとも効果的な方法があります。

それは、怒って興奮している人に鏡を見せるのです。

 

 

自分の存在を唯一、客観視できる鏡の効果

c08d3b6ec64d96542f6dd8b0577b5731_s

 

鏡という物は、自分という存在を客観的に見せる一番のアイテムです。

人とは、どうしても自分という存在を客観視できない生き物です。その為、本当の自分の姿を把握出来ていないがために失敗してしまうことが多々あります。

そんな時に唯一、自分自身を客観視出来るアイテムが鏡なんです。

 

 

興奮状態をもたらすノルアドレナリン

47929b715f88d0114d5a93cf5473027d_s

 

怒りの感情というものは、脳内のノルアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質が作用しています。

ノルアドレナリンが心拍数を上昇させる交感神経を刺激し、極度の興奮状態をもたらし、場合によっては頭の回転まで良くさせることがあります。

そのため、怒り興奮している時とは普段ではそこまで言葉が出なくとも、ノルアドレナリンの作用で次から次へと言葉が出て、相手に罵声罵倒を浴びせるのです。

 

 

非常に厄介なノルアドレナリンによる暴走

d224aefc8906fa7f080630ca886b138b_s

 

ノルアドレナリンのデメリットは、一定以上の量が分泌されると暴走をはじめてしまうこと。

怒った人の怒りがある臨界点を超えると自分ではおろか、周りの人間でさえ抑えることが出来ないほどの暴走をし出す。

我を忘れて見境なく、ブチギレまくるのです。

こうなると手がつけられなくなり、非常に厄介です。

 

 

暴走した時こその鏡効果

26cc12542eb205c88c5710e95c560fcb_s

 

そのような時こそ、先に述べた自分を客観視させるアイテム【鏡】がとても効果的なのです。

自分がどれだけ醜い顔で怒り狂っているかを本人に見せることによって、興奮し暴走状態に陥っている状態を落ち着かせ、血がのぼった頭をクールダウンさせることが出来ます。

 

 

謝罪の場には鏡の設置が必須

b0ef99b6f78e169a69379df3408e6db8_s

 

ガラスや鏡といった反射する物が多い場所は、何らかのミスや失敗で謝罪すべき場面などにおいても、とても効果的で利用すべき場所です。

また、会議室や応接室などにガラスや鏡といった反射物がない場合でも、謝罪すべき怒っている相手にそれとなく見せる場所に鏡などを意図的に設置しておくことで、相手は落ち着いて我に返るでしょう。

 

 

怒っている相手にはまず意図的に鏡を見せよう

cat-697113_640

 

『顔に何かついてますよ』『口元が汚れていますよ』など、何らかの口実を見つけて相手に鏡を見るよう誘導して、怒り狂った醜い怖い自分の顔を見てもらいましょう。

さすれば、相手は暴走機関車のように取り乱した自分自身の表情、姿を恥じらい、今まで怒り心頭だった気持ちを改め、落ち着いてくれます。

 

 

一言アドバイス:

怒り狂って話にならない相手には、とりあえず自分の姿を鏡で見てもらおう

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る