プラス思考で人生、楽しく幸せに送れる

スポンサーリンク

日常生活において、悪いことや嫌なことが立て続けに続く時、または何をやってもダメな時ってありませんか?

そのような時は、マイナスの負のループにはまっている状態ですから意図的にその状態から抜け出す必要があります。

 

 

失敗が続き、ネガティブ思考に・・・。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

 

携帯を忘れた。資料を忘れた。遅刻をした。仕事がうまくいかない。体調が優れない。

このような状態の時、さらにあなた自身でマイナスの言葉を発したり、思い悩んだりしてませんか?

ネガティブ思考になり、自分だけがこんな酷い目に合っていると思い込んで、周りの人のことを羨ましがって恨み、イライラして暴言を吐いたりと・・・。

 

 

マイナスの言葉は貴方の人生と左右しかねない

f09e42847922bafdba64aec842bc5968_s

 

マイナスの言葉の恐ろしいところは、発したマイナスの言葉通りの結果が生まれる確率が高いということです。

口から発せられた言葉が耳を通り、脳まで達するとそのマイナスの言葉を再度強くイメージしてまうのです。

気をつけていても無意識に発してしまう不平不満や愚痴、文句といった負の言葉を極力言わないように日頃から少しずつ習慣づける努力をするべきです。

 

 

ネガティブ思考からポジティブ思考へ

8cc3dc70d773c583dd303e1d577f877d_s

 

ただ、簡単にはマイナス思考のネガティブな考えを治すには簡単ではありません。

まずは、マイナス思考に陥り、心の中に否定的な負の感情や考え、想いが沸き起こった時はまず、考えたことや思ったことを言葉にして出さないことが大事です。

そして、そんな状態になった時に意識して行う動作を自分の中で決めておくのです。

 

 

気持ちの切り替えが大事

10ea4d406b2298eaa3ffe1fd48711eb3_s

 

例えば、両手で軽く頬を『パン!』と叩いたり、目の前で叩くのもいいでしょう。

おまじない的な言葉を用意しておくのも効果的です。

『いつものこと、よくあること』などといった言葉を呟いて気分を落ち着かせるのも大切です。

もし、思わずマイナスの言葉を言ってしまったら『・・・・・と言うのは嘘』と言ったことを嘘で誤魔化すのもアリです。

 

 

常に自分専用のプラス思考のスイッチを用意しておく

986db3d2cf7064aebe1263ae31bd0564_s

 

マイナスの考えや思いをリセットして、チャンネルを切り替えるように気持ちを切り替えるスイッチを用意しておくことで、必要以上にマイナス思考に囚われないよう、ネガティブにならないよう切り替えのスイッチを準備をしておきましょう。

そうすることで自然と無意識にポジティブ思考へと変わっていきます。

 

 

一言アドバイス:

ネガティブでマイナスの言葉ばかり発していると人生、損しますよ

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る