顔の左右の表情を使い分けると絶大な効果が期待できる

スポンサーリンク

顔の右側は強さ、左側は優しさを魅せるというように人の顔はその時々の表情や見る角度によって、人に与える印象を良くも悪くも変えることが可能です。

これを上手に活用して、人を説得や言いくるめたり、または初対面の相手と話す際に上手く使うと絶大な効果が期待できます。

 

 

人間の左右対称であって、そうでない顔の表情

a1934acadfead3b6b7d99ac159c24d9a_s

 

我々は、意外とこの顔の向きによって特別な違いがある事は知りません。

人は本来自分の顔は、中心から左右対称だと思っている人がほとんどです。

しかし、実際は自分の顔を鏡でよく観察すると左右対称とは異なるように若干の形や筋肉の張りやつき方によって、だいぶ違うことに気づくはずです。

 

 

全く異なる左右の顔の表情

0993efb3903d830276df12011c595c79_s

 

左右が異なる作りの顔にはただ違うだけではなく、そのイメージにはちゃんとした意味合いもあります。

今1度、鏡で顔を見てみて下さい。

向かって右側は切れ長でシャープに、左側は柔らかで優しい雰囲気に感じとれるはずです。

1番分かりやすいのが自分の正面写真をとり、その写真の顔の中心に鏡を置いて左右の顔を反転させてみてください。

そうすると本来見慣れているはずの顔とは異なる顔になるはずです。

右側を反転させた顔はシャープで切れ長でキリッとして、左側を反転させた顔は穏やかで優しいゆるい顔になっていると思います。

 

 

ビジネスに有効な顔の左右の使い分け

d57478db09b68a0d714e66d1504dc1c9_s

 

この顔の左右の表情の特性を上手に使い分ければ、ビジネスにも活用できます。

部下や後輩、はたまた取り引き先の相手を説得させたり、言いくるめたりしなければならい時はシャープでキリッとした右側を見せ、初対面や穏やかな印象を与えたい相手の時には左側の優しい印象の顔を見せるといったテクニックを活用してみてください。

 

ポイントとしては、

常に同じ角度の表情を見せるのは不自然ですので、右側を見せたい時は相手の左側の席に、左側を見せたい時は相手の右側の席というように座る際に意識して席に着くといいです。

 

 

綺麗で満足のいく自画撮り方法

-shared-img-thumb-CON_jidori15101120_TP_V

 

よく写真を撮る際は右頬を見せて撮る方が綺麗に撮れると自負する人が多いように、左右の顔の表情は多くが右側の方が見栄えが良いとされています。

また、最近では自画撮りの機会が多くなってきましたが、この自画撮りの時も右斜め上から撮った方が見栄え良く、たいへん綺麗に撮れます。

 

 

様々な説がある奥の深い顔の左右の表情

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_s

 

今回の顔の左右の表情について、右側の方がなにかと優位に見受けられますが、専門家によると視覚情報を取り入れる右脳との関係が深いといった意見や人の利き手側の筋肉の発達によるものといった説など諸説あるそうです。

 

このように左右対称と思っていたが、全く異なる表情の顔の左右。

顔に限らず、人間の神秘は未だに解明されておらず、たいへん興味深いことです。

ぜひ、色々な相手と話をする場合はその都度、意識して顔の左右の表情を使い分けてみてください。

必ず、あなたに得をもたらします。

 

 

一言アドバイス:

右側でビシッと決めて、左側で柔和な優しさを魅せる

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る